COLUMN湿気の多い時期のプリンターあるある~紙詰まり編~

2020.07.17 ニュース

湿気の多い時期のプリンターあるある~紙詰まり編~

こんにちは!

 

プリント無制限の木田です!(^^)♪

 

7月も半ばになり、そろそろ梅雨明けかなぁと思いつつも

 

まだまだジメっとした日が続いてますね……(*_*;

 

早くカラっと爽やかな夏本番になって欲しいですね!(▼∀▼)/☼

 

 

と!いう訳で!

 

今回のテーマはタイトルにある通り、

 

湿気の多い時期のプリンターあるある~紙詰まり編~

 

を、お届けしたいと思います!!(^人^)パチパチッ

 

 

湿気の多いこの時期、プリンターのセットしているコピー用紙も

 

水分を含んでしまい、数枚引っ付いた状態で給紙されてしまい

 

中でグシャグシャ…..∑( ゚Д゚)

あぁぁぁ……詰まっちゃった……((+_+))

 

なんて経験された方もいるんじゃないかと思います。

 

こうなると、取り除くのも手間だし

 

最悪紙が破れて中に残ってしまったり……

トレナイョ…( ;∀;)

 

紙が取り除けず、プリンター使えないっ!!!

 

こんな事にもなり兼ねないのです。

 

こんな事態になるリスクを少しでも下げる為に、

 

簡単にできる対策を2つ、ご紹介します!( ..)φメモメモ

 

 

①用紙をセットる前にパラパラとほぐす

 

まずはこれです!これだけです!笑

本をめくるみたいにパラパラ~とするだけ!

 

嘘みたいですが、これだけで空気に触れて、

 

紙全体が少しサラッとします!

 

更に、新しい紙はパリッとしていて硬いので、

 

こうする事で柔らかくほぐれて詰まりが起きにくくなるのです!(*^^)v

 

 

②トレイのツマミ等で用紙がズレないようにピシッ!とさせる

 

2つめはこれです。これもとてーも簡単です!

指で差している部分のツマミを、セットしている用紙に併せて

 

セット時にプリンター内で紙がズレない様にします。

 

こうする事で、斜めに傾いた紙が給紙されてしまいプリンター内部で引っかかって詰まってしまう……

 

なんて事態も回避できます!

 

※トレイの形状はプリンターの種類によって違うので、注意してくださいね(‘ω’)ノ

 

 

以上2つを実践するだけで、紙詰まりの可能性を下げる事ができます!!

 

勿論、他にも原因になる要素はあるので、100%とは言えませんが……(._.)

 

簡単にすぐできる対策なので、ぜひぜひ試してみてくださいね!!

 

 

それでは、今日はこの辺で!

 

また次回、お会いしましょう!(^^)/